無料ブログはココログ

住まい・インテリア

2010年1月24日 (日)

洋室

今日は洋室を案内します

洋室は2部屋ありますが広さは同じ4m×4mですが

作りは違います

Photo

角部屋の洋室はこのような作りで腰板は杉板を張ってあり

窓の向こうはテラスになります

Photo_2

手彫りのカッティングをしてある上はロフトになっており

Photo_3


ロフトの手すりはこのように枝を組んで落ちないようにしてますが

特にお子様には受けています

大人の方なら1名、お子様であれば2名くらいは、ここに布団を

敷いて寝るスペースがあります(和室にもあります)

Photo_4



もう一つの洋室の壁材は無垢板を張り少々ワイルド感をだしています

Photo_5

ベットはセミダブルサイズで少々大きめの方もゆっくりお休みいただけるサイズで

このベットは、高知の家具職人RIMUの森(西森さん)による手作りで

温かみのある木の香のするベットです。

今は香南市(南国バイパス沿い)でCafeRIMUの森をしておりますが

その店内や家具も全て自分で施工したものでお薦めの場所です





ここ2日連続でだるま夕日を見ることができました

例年年明けの1月、2月は天候のせいで水平線に雲が無い機会が

少ないのですが、今年は例年以上に年明け後もだるま夕日が顔を出す

機会が多いようです。

Photo_2

2010年1月 6日 (水)

館内案内

今日は館内を少々紹介します

まずは玄関を入ると

Photo_2

玄関建具のくじらは高知の家具職人RIMUの森、西森さんによる作品です

1階廊下が

1

一番奥が談話室の囲炉裏部屋で回りに部屋が無いので少々

騒いでも大丈夫な場所です

続いて2階を案内します

Photo_3

2階への階段を上がると直ぐの壁には

Photo_4

ガラスの浮き球を埋め込んであります

そして2階廊下は椅子が手すりに組み込まれています

Photo_5

お部屋については又の機会にご紹介します

因みに材は土佐杉で友人の山から切り出したもので

皮は全て手剥きしたものです

   

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック